在宅医療HOME CARE

CARE OPERATORS介護事業者のみなさまへ

患者さま宅へ医療スタッフがお伺いいたします。

主治医(担当医)が患者さまのお宅にお伺いし、患者さまひとりひとりの病状やご要望に合わせて、
診療・治療・お薬の処方・療養上のアドバイスなどをさせて頂きます。病気の時だけでなく、
日常の健康管理や生活習慣病、寝たきりの予防指導も行います。

対象になる患者さま

ひとりでは通院が困難な方

・通院に付き添いが必要な方
・家族がお薬だけを取りに通院している方
・認知症、精神疾患等でお困りの方

さまざまな障害をお持ちの方

・脳卒中(脳梗塞・脳出血)などの後遺症で障害をお持ちの方
・難病や重度障害をお持ちの方

特別な医療処置が必要な方

・褥瘡処置 ・在宅酸素
・経管栄養(鼻腔・胃ろう・腸ろうのチューブ交換、管理)
・中心静脈栄養 IVH(ルート交換・指導、輸液の準備)
・気管切開(気管カニューレの交換)
・留置カテーテル(バルーン交換・膀胱洗浄)・ストーマ交換
・静脈点滴、皮下点滴

終末期をご自宅で過ごされたい方

・ターミナルケア(緩和ケア・疼痛管理)

SUPPORTサポート内容

24時間
電話対応

24時間電話対応

緊急時も対応いたします。

訪問診療日や診療時間以外でも、急な病状の変化に対応できるように24時間緊急電話をお受けしています。症状をお伺いし、内服や対処法の指示、必要に応じて往診いたします。また、入院や検査が必要な場合は連携病院への取次ぎを行います。

訪問看護
訪問リハビリ

訪問看護・訪問リハビリ

訪問看護・訪問リハビリテーションも行っております。

主治医との密接な連携により、看護師、理学療法士、作業療法士等が患者さま宅を訪問し、それぞれの症状や生活に合わせて適格な処置やリハビリを行います。

患者様・介護者様にもうれしい医療です。

POINT1 暗視Nして在宅医療を続けることができます。

訪問診療を受けていれば、ご家族やホームヘルパーの方のような介護を担っている方が、もっと楽に介護にあたることができるケースもあるのではないでしょうか?健康に不安を抱えている高齢者はもちろん、医療機関に長らくかからない間に、加齢とともに次第に全身状態が衰え、介護の必要度が高くなってきた高齢者にとっては、在宅医療や訪問診療を行う「かかりつけ医」の存在は不可欠と言えるでしょう。

POINT2 介護者へ過重負担も避けることができます。

医師の診療は、医療保険の適用となるので、介護サービスを限度額の上限まで利用されている方においても、在宅医療の導入は可能です。ご利用者にとって、本当に必要とされる介護サービスを有効的に提供するためにも、医師のアドバイスや情報提供は有用であり、医療と介護の連携があってこそ、ご利用者に対して、真の意味でのトータルサポートが行えると言っても過言ではないでしょう。

POINT3 医師の診療は医療保険なので、介護サービスとの両立が可能です。

在宅医療を導入し、医師や看護師が定期的に健康状態をチェックすることにより、ご利用者は健康な状態を維持し、在宅で必要な介護を受けながら生活を送ることができます。また、慢性疾患を医学的に管理することはもとより、何らかの病気に罹患した場合においても、深刻になる前に、早期に対応することが可能なので、状態の悪化で入院したり、手遅れになるような事態を避けることができます。

各種書類をお渡しします。

レポート
提出

レポート提出

患者さま、介護者さまに診療レポートを提出致します

その日の診察内容やお薬に関しての情報を「ふれあいノート」に記載してお配りします。治療方針や容態をわかりやすくご説明しながらヘルパーさまへの連絡ノートとしてご利用いただけます。また、緊急連絡先や訪問スケジュールなどもセットしています。

情報提供

情報提供

ケアマネージャーさまへ情報提供いたします。

月に2回、居宅療養管理指導書を作成してお渡しいたします。ケアプランにお役立て下さい。